幼稚園教諭の転職

幼稚園教諭の転職|履歴書の「志望動機」を書くための5つのポイント【例文付き】

志望動機ってどんなこと書けばいいの?
園ごとに書き分けるって大変そう…。

転職活動する上で必ず必要になるのが履歴書です。

どんな履歴書にも志望動機の欄が設けられていますよね。

あなたが「どのような思いを持って応募してきたのか」を採用担当者に
アピールする重要な部分です。

なるべく早い段階で転職を決めるためにも、好印象を持ってもらえる志望動機で「この人と働きたい!」と思わせる内容を考えたいですよね。

この記事では、
・あなたを魅力的に見せるための志望動機の書き方
・志望動機でネガティブな印象を与えないようにするための注意点
を書いています。

本文の最後では、志望動機の例文も載せていますのでぜひ参考にしてくださいね。

あなたを魅力的に見せる志望動機の書き方!5つのポイント


1つのポイントだけでなく、複数絡めた志望動機の方があなたの事を担当者へアピールできます。

その園で働きたい!と思った理由、園の魅力的に感じたところを書く

園の求人や園のホームページなどの情報をみて、園のどんなところに魅力を感じたのかを伝えましょう。

園の教育方針とあなたの思いが近ければ近いほど、志望動機が書きやすいものになります。

志望する園に対してあなたが役に立てることをアピールする

ピアノや歌、絵などの特技が応募する園のクラス活動で活かせる特技をアピールしてみましょう。

志望動機を書く時は、特技に関しての具体的なエピソードを盛り込むようにすると担当者の人がイメージしやすいです。

この場合、「あなたの特技が活かせる活動があるか」「園はその活動に力を入れているのか」をしっかりとリサーチしておいて下さい。

園の意向とずれたことをアピールすると、マイナスの印象を与えてしまうかもしれないので注意してくださいね。

幼稚園教諭になったきっかけを絡める

あなたがどのような思いを持って子どもたちと関わっているかを書いてみましょう。

これまで、「どのように子どもと向き合っていたのか」「教諭の仕事のどこにやりがいを感じているのか」。

仕事への姿勢を示すことで、あなたの人柄やあなたが園で働いている姿を採用担当者が想像しやすくなります。

見学をした場合は、魅力的に感じた点を書く

見学している段階で熱意があり志望度が高いことが伝わっているかもしれません。

もう一押しするために、実際に見学して魅力を感じたことを志望動機に含めましょう。

志望動機の欄はなるべく埋める

履歴書に書く上でのポイントです。

字数が少なかったり、文字が大きかったりすると白い部分が目立つため悪い印象を与えてしまうかもしれません。

適切な字の大きさで空欄の8割くらいが埋まる分量の文字数で書きましょう。

志望動機でネガティブな印象を与えないようにするための注意点


志望動機でネガティブな印象を与える表現はNG!

志望動機を書く時はネガティブな印象を与える内容は好ましくありません。

例えるなら、「今勤めている園よりも貴園の条件が良いから志望した」と言うような内容です。

・人間関係がうまくいかなかった
・給料が安かった
・残業が多かった
・忙しすぎてうつ症状となった
・園長と合わなかった   など

条件の部分はさまざまですが「人間関係」「給与」「休日」など、「今の園が悪いから(自分にとって都合の)いい園に行きたい」ではNG!

転職すればあなたにとってメリットがあるかもしれませんが、応募先の園はあなたを採用するメリットがありません。

お互いにいい関係を作れるよう、前向きな志望動機を書きましょう。

志望動機の例文 ①新卒や未経験の場合

求められている人は?

積極的に学ぼうとする前向きな姿勢が求められます。

新卒者や未経験者は、経験がないためゼロからのスタート。

教わったことを素直に受け止め、吸収していける人は将来性のある魅力的な人材になるでしょう。

アピールポイント

・幼稚園教諭を目指した理由
・保育の仕事に魅力を感じている理由
・幼稚園教諭に向いていると思われる自分の資質(特技や経験)
・積極的に学ぼうとする前向きな姿勢

【例文】
私は幼稚園教諭として、子どもたちが成長していく上での基礎をつくる期間のサポートをしたいと思っています。

実習で工作の時間のお手伝いをした際、「折り方の丁寧さ」「切り方の丁寧さ」「色の選び方」など子ども一人一人の素敵な点を見つけることを意識してお話していました。

素敵な点について話した子どもたちは目を輝かせて真剣に作業に没頭していました。

このことから私は、子どもの小さな成長を見逃さないよう一人一人に寄り添う教諭を目指したいと思っております。

少人数制が特徴の貴園でなら、自分が目指す保育・教育ができるのではないかと感じ、志望いたします。

【例文】
私は子ども同士の関わりを大事にし、社会的な発達を促していきたいと考えています。

幼い頃学童保育に通っていたため、よく近所の子どもと関わっていました。

年齢に関係なく一緒に遊んでいたことから自然と子ども同士のつながりが強くなり、他人を大事にするという社会性の教育につながると実感しました。

貴園の『クラスを超えた子ども同士の関わり』を大切にされているところに魅力を感じ、志望させていただきました。

志望動機の例文 ②幼稚園教諭の経験年数が少ない場合

経験年数が少ない人は園からどんなことが求められている?

(年数は少なくても)経験者であることが求められます。

「現場を知っている」
「若いので体力がある」
「独身の場合は時間的な融通がききやすい」ことから需要があります。

仕事へのやる気や人柄を重視している園が多い傾向です。

アピールポイント

・いままでの経歴を希望する園で経験をどう活かすのか
・仕事を通して感じた課題、課題を希望する園でどう解決していくか
・前職での仕事への取り組み方、努力していたことなど(経験)

【例文】
私は子ども一人ひとりとの丁寧な関わりを大切にしていきたいと思っています。

子どもが持つそれぞれの個性を尊重し、のびのびと個性を発揮できる場所づくりを行いたいです。

前職で4歳のクラス担任を経験した際、発達障害の子どもがおりました。

発達障害の子どもと密接にかかわったことから、子どもたちが自分らしく過ごすためにはどうしていけばいいのか考えるようになりました。

貴園のホームページを拝見させていただき、子どもをとりまく環境の構成に力を入れているところに魅力を感じ、志望いたします。

【例文】
前職では小規模の園(全体◯名)で勤務し、子ども一人一人や保護者と関わることが出来る仕事にやりがいを感じていました。

小規模な園だけではなく、大規模な集団の子どもたちとの関り方やまとめの仕方を若いうちに経験したいと思うようになりました。

貴園では大きな規模でありながら、子どもたちの自主性を重んじた教育方針を掲げている部分に魅力を感じ志望致しました。

さいごに

志望動機って悩みますよね。

いきなり書き始めると、表面的でどこの園に対しても似たような内容になってしまうことが多くなってしまいます。

そんなときは、この記事で紹介したポイントをふまえて志望動機を書いてみてくださいね。